メガネを買って新しい仕事を始めた

メガネを買って新しい仕事を始めた

最近大きなことを2つした。ひとつはメガネを買ったこと。大したことでもなんでもないじゃないかと思うかもしれないが、メガネを新調するのは学生の時いらい。

今まで使っていたメガネは、ビックカメラでレンズ込3,000円(安!)ほどで買ったメガネ。なんと6年以上も使い続けていたことになる。価格の割に物持ちよかったなぁ~と言いたいところだけれど、レンズが水ヤケで曇ってしまいかなり見づらかったので、まあまあ妥当と言ったところ。

というかもっと早く買い換えるべきだった。水ヤケってのは水分中の異物がレンズに染み込んじゃう現象で、落とすことができない。目に見えて曇ってきたと感じたのは2年ほど前から。

つまり2年もの間、寝たりお風呂に入ったり本を読んだりしてメガネを外すわずかな時意外、僕の視界は常に曇っていたことになる。それ故、メガネ屋さんで出来上がったメガネを受け取った帰り道、あまりに美しく色鮮やかな景色に感動を覚えた。さんざん通り慣れた道にも関わらず。

メガネは2本買った。思ったより安かったのと2本目が半額だったから。20時頃に注文して、翌日の午前中にすぐ受け取れた。お店のおっちゃんがとても丁寧な人で、メガネのお手入れについて色々聞かせてもらったので、後で別記事にまとめようと思う。

それにしても、メガネって同じようなチェーン店に見えても、地域によって値段が全然違ったりする。僕が買ったところはレンズ込み6,000~1万2千円ほどのラインナップが多く、2本目半額のため1万円強で2本買うことができた。

しかしここに来る前、他のお店で「1万円前後で抑えたいんですけど……」と訊いたら「ウチはレンズが1万6,000円からなので……」と言われ、微妙な空気になってしまい退店を余儀なくされた。そもそも老眼鏡なんて100円ショップでも売っているし、メガネの価格差はミステリーである。

そしてもう一つ、3月12日から新しい仕事を始めた。職場の先輩からの誘いで急遽決まった仕事で、簡単! 短時間! 座ったままでモリモリ稼げる! の言葉につられて、とりあえずやってみるの精神で始めた感じ。

色々と入り用なタイミングで助かったことは間違いないのだけれど、誘ってくれたのが先輩でなければ受けることはなかった。なんせ全くの未経験、かつそれなりに緊張がともなう内容だったので。とは言っても怪しい商品を売りつける、とかアウトローな仕事ではないので悪しからず。

今週は2日間、その仕事を行った。まだまだ研修段階もいいところだけれど、本当に稼げるのかなぁ……? という印象。世の中うまい話はそう都合よく転がってはこない訳で、どんな甘言もそうは問屋が下ろさないのだ。

もともとお金を得るため、と割り切って行うつもりだったし、それが叶わなそうなら辞めればいいだけ。適当にそれなりに、もう少しやってみようと思う。次の勤務日も場所もまだ未定だけれど。

 

日記カテゴリの最新記事