現金を使うのをやめたら、メリットしかなかったので全力でお勧めするよ!

現金を使うのをやめたら、メリットしかなかったので全力でお勧めするよ!

現金をできるだけ使わないでみよう。と思い立ち、実践し始めたのは昨年の冬ごろだ。

それ以来、支払いは基本的にクレジットカード・スイカを使い、個人経営の店舗やファーストフード、自販機などカード支払いができない時に限って現金を使っている。

「これがいわゆるキャッシュレスと言うやつか……!」と、IT感のあるかっこいい響きに当初は酔っていたが、僕はすぐに気づいてしまった。キャッシュレス生活がとんでもなく便利だということに!

小銭とお札を数えて、レジ前で列を作りながら「うーんと、えーっと」なんてやっていた今までは何だったのだろう。週に何度もATMに駆け込んでいたのはどうしてだろう。今考えると、現金に縛られていた過去はまるで苦行のようじゃないか。

という訳で、自身のキャッシュレス化から10か月くらい経ったので、その間に気づいたことや変わったことを書いていこうと思う。

 

現金利用をやめようと思ったきっかけ

最初のきっかけは、当時使っていた財布が革製のやたらと厚いやつで、小銭が取り出しにくかったからだったと思う。

小銭を取り出さなくて済むにはどうすれば……そうだ! 支払いを全部カードにしちゃえばいいんだ!

よくよく考えてみれば、コンビニだってスーパーだって、カードを使えないお店を探すことの方が難しいくらいだ。少額利用には抵抗があったけれど、安い買い物でカード決済したからと言って怒られる訳でもないし、引き下ろしの手間が減るわけだから損はないよね。

と、まっとうな人間なら財布を買い替えるべきところを、僕は支払い方法を変えるという根本解決によって改善を目指したのだ。(金欠だっただけ)

 

支払いスタイルが大きく変わる

という訳で、僕はそれ以来小銭を持ち歩くのをやめた。

決済はクレジットカードとスイカを使い、やむなく小銭ができてしまった時は自宅に保管し、溜まったら口座に入金する。

現金は手数料のかからない時間帯に、1か月分をまとめて下ろす。なんせ利用額が少ないので、自然とそのようになった。

ジュース1本、りんご1個とかを買うのにカードを利用するのは、最初だけちょっとソワソワしたけれどすぐに慣れた。

今まではネットショップで使うばかりだったけれど、いざ外に出てみるとほとんどのお店が対応していることに驚いた。世の中的には当たり前なのかもしれないけれど、使わない人間からするとレジのカードリーダーの存在さえ、気づかないものなのだ。

その反面、意外なところで使えなかったりもして(マックや100円ショップなど)困ったことも数回あった。現金を持ち忘れていた僕が悪いのだけれど(汗)

 

メリット

たくさんあったので、感じたタイミングによって分けてみたよ!

すぐに実感したこと

・持ち運びが楽
ちょっとそこのスーパーまで、などと言う時にはカードだけ持っていけばいいので荷物が減る。

・レジ処理が簡単で、支払いが早く終わる
ほとんどのお店ではサインが必要なく、カードをスキャンするだけで支払いが済む。店員さんからしても、時間もかからないし楽そう。

・お金の管理が楽
ネットで明細が見れるし、マネーフォワードなどのアプリを入れておけば、すぐに利用履歴や請求額が確認できる。

・カードが使えないファーストフードなどをあまり使わなくなった
かなり個人的なことだけれど、結果として体に悪そうなお店から、足を遠ざけることができたので良かった(笑)

後から実感したこと

・ポイントが付く
僕の場合はAmazon Mastercardを使っているので、Amazonポイントが溜まってとても便利。たいていkindle本を買って消費している。

・お金の使い方に対する意識が高まった
明細からほとんどの出費を確認できるので、お金使いが分かりやすくなったため。また、ポイントの計算などを行っているうちに、1円たりとも無駄遣いはしたくない! という気持ちが芽生えた。

・現金をひと月分まとめて出金するようになったので、手数料を無駄に支払うことがなくなった
これは本当に大きくて、かつてお札がなくなるごとにATMに駆け込んでいたのが、いかに無駄だったか。ということを思い知らされた。

 

デメリット

ないよ! と言ってしまうと嘘っぽいけれど、本当に思いつかない。

よくカード否定派の人が「実感が薄くて、知らないうちに使いすぎてしまいそう」様なことを言うけれど、それは単なる慣れだと思う。アプリやメールの設定をしておけば、利用を逐一通知させることもできるし、なによりすべて明細に残るのだから、定期的に確認していればそんな心配もなくなるのではないか。

「落としたら大変!」というのはその通りだと思う。しかし、紛失に気づいたらすぐに警察に行くなりカード会社に連絡するなりして、なくした日時の証明さえできれば、以降の不正利用に関しては請求されない。現金が悪い人に拾われたら、使われておしまいだ。

しかし海外利用に関しては、他人ごとじゃなくスキミングなどの被害を聞くので、地域によっては慎重になった方がいいのかも。

 

まとめ:カードのこれから

元々カード利用の多い人からすると「それじゃあ今までは、何にカードを使っていたの?」と言われるかもしれない。それはずばり、ネット通販(アマゾン・楽天)と通信費の支払いだ。

慣れたサイトでポチるのに抵抗はないけれど、心のどこかでは「カードなんて借金みたいなものなんだから、できるだけ使わない方がいいんだよ! あとスキミングとか怖いし!」という考えがあったのかもしれない。実際、少額利用に対する抵抗感なんて意味が分からないし、ちゃんと明細を見ていれば不正利用だって見逃すことはないのだから。

なにより、財布の中身を気にしてATMに駆け込んだり、時間外手数料を払ったり……そんな無駄が省けるのがうれしくて、もう前のようには戻れないなぁって感じだ。

「お店側はカード決済された分だけ、手数料で損をしてしまうじゃないか!」と言う人もいるけれど、メリットで書いた通り、カード決済の方が簡単で早くて間違いも少ない。それでレジの待ち時間が減れば、お客さんも楽だし店員さんの負担も減るし、接客にも余裕ができてもっと繁盛するんじゃないかって思う。カードが使えるよ! ってだけで集客の強みにもなるのだから、お店にとってはきっとプラスになるはずだ。

最近では、SNSのアカウントを作るような手軽さでカード決済を受けられる「ONE PAY」なんてサービスが出てきたりして、お金の流れがじわじわと簡単になろうとしている。

クレジットカードは今後、もっと便利で手軽なものになるに違いないから、時代の流れに置いてかれがちな僕は、今から少しでも慣れておこうと思う。

それではまた!

 

 

未分類カテゴリの最新記事