最近の仕事とか

最近の仕事とか

「やりたいことができた」とかなんとか言って退職したにも関わらず、現在週6で勤務している。なぜかと言うとお金が無くなってきたからだ。

昨年の7月に退職し、9ヶ月ほどが経過した。食べ物には気を使っているから野菜やフルーツなどを頻繁に買う。ブログや写真の活動を始めるために、機材やワードプレステーマなどもいろいろ買った。

そうしている内に、退職時の僅かな貯金や失業保険も底を尽きそうになってきた。さてどうしたものか。という所で前職の先輩に仕事を紹介してもらった。
▼下記記事で書いたものだ。

メガネを買って新しい仕事を始めた

当初、稼げるのか疑問だったが最近になってようやく先が見えてきた。僕が業務に慣れた、ということもあるのだけれど、仕事自体が軌道に乗ってきたというのが大きい。

仕事を通して様々な人と出会った。怖そうな人と顔を会わせるような機会もあり、停滞気味だった日常に程よく刺激になった。とは言っても、僕は上の言うことを聞いて淡々と作業を行うだけなので、頭を使うようなことは何もしていないのだけれど。

この仕事が週5、前職のアルバイトが週1、計週6勤務という訳だ。実働時間は長くないが、いずれも往復2時間半かけて通勤しなければならないため、なかなかしんどい。

(時間を無駄にしないため note で気になっていた方のマガジン購読を始めた。iPhone のRSSリーダー、ニュースアプリを整理した。どちらも面倒でなかなか踏ん切りがつかなかった事なので、いい切っ掛けになった)

通勤は辛く苦しいが、カメラとレンズを買うためにお金が必要なのだから仕方がない。逆にある程度溜まったら、その時にどんなに割のいい仕事になっていたとしても、サクっと辞めるつもりだ。そうでなければ退職した意味がないから。

それにしても、今回もちょうど入り用のタイミングで仕事をもらうことができ、本当に運が良かった。
▼下記記事で書いたように、僕は今までこんな経験が何度かある。

なんだかんだで首の皮一枚

あまり実感がないけれど、恐らくとても運のいい出来事なのだろう。ぎりぎりで生きていると、カード請求とか口座残高とかの僅かな数字、僅かなタイミングを得るか逃すかで、死にそうになったり生き返ったり本当に死んでしまったりするのだと思う。

相変わらずぎりぎりな状況に違いはないけれど、まぁもう少しやっていこう。

 

日記カテゴリの最新記事