不安と憂鬱で信じられない量を食べてしまった

不安と憂鬱で信じられない量を食べてしまった

 

しばらくの間回避していたけれど、おとといと昨日、久しぶりにストレス性暴飲暴食が発動されてしまった。お酒やジュースは飲んでいないから、正確には暴食と言うべきかもしれないけれど、おかげで今日はとんでもない怠さと後悔に襲われている。

思い出したくないけれど、食べたものを全部書き出してみようと思う。下記は、その日の夕方以降に食べたものだ。

・9月18日
メガ盛りポテト、りんご1個、さつまいも1本、野菜たっぷり鶏がらスープ、たら三切れ、チャーシュー丼、デカ盛り系ラーメン、菓子パン2個

・9月19日
メガ盛りポテト、唐揚げランチセット、真イカとアンチョビのピザ、ハンバーガー2個、チーズケーキ、モンブラン、ロールケーキ、大盛りブリのあら煮

思い出しただけで胸焼けがしてくるよ……。この所僕は食事量を減らしていて、食べるのは晩御飯のみだ。この1日1食という生活を始めてから2週間くらいが経って、ようやく慣れてきたかなぁ? という頃にタガが外れてしまった。

スープや魚が入っているのは、ジャンクフードを相殺するため……のはずだったけれど、ぱんぱんなお腹にさらに追い打ちをかけられて、気持ち悪くなっただけだった。

 

食べ過ぎに走った原因

どうしてこんな暴走行為を働いてしまったのか。理由は人間関係や今後に対する不安、一言でいえばストレスだ。こういった出どころの曖昧なストレスには、定期的に襲われることがあって、以前までは友人と話したり仕事をしていれば忘れられた。

しかし今の僕は週1労働のフリーター。サイト運営なども行っているけれど、そちらはほとんど1人作業だ。平日だと友人を誘う訳にもいかないし、遠出する元気もないとなると、どうしたって1人でいることになる。

するとストレスの忘れようがなくて、もっとも安易な「食べる」という方に突っ走ってしまうのだ。

正確には、今回のストレスには発端となった出来事があるのだけれど、なかなか忌々しいのでここでは書かない。人間関係は難しくて、長年に渡り積み上がってきたものであろうと、過去のほころびからいとも簡単に崩れてしまうね。という話だ。

メガ盛りポテトってなに? と思われるかもしれない。これは駅ビルの中にある、名前の読めないカフェの看板メニューで、名称の通りものすごい量のフライドポテトを塩気たっぷりで出してくれる。

「メガ盛りポテトください!」と言っても必ず「サイズはメガ盛りで大丈夫ですか?」と確認されるあたり、店員さんも警戒心を抱いているようだ。僕の見た目が頼りないだけかもしれないけれど。

店舗を感じさせないオープンなスペースが心地よくて、以前から何度か足を運んでいたのだけれど、油の摂りすぎもよくないのでもう行くのはやめよう、と自重していた。しかしそれが破られてしまったことで「今日は何もかも忘れて、不摂生しまくってやる〜! 」という事になってしまった。

 

食べすぎは初めてじゃない

今日は気分も落ち着いてきたから、さすがに3日連続で食べすぎてしまうことは無さそう。しかし冒頭に「久しぶりにストレス性の暴飲暴食が発動された」と書いた通り、今回のような食いまくりは初めてじゃない。

じゃあ最初にやってしまったのはいつだろう? と考えると、昨年の秋頃だったと思う。仕事からの帰り道、ローソンストアで普段は絶対に食べない、甘殺されるような菓子パンやケーキを買いあさり、帰るや否やまたたく間に完食して気持ち悪くなった。

吹き出物ができるし、体力も1時的に落ちるし、次の日には決まって後悔するから、しばらくはまた通常の食生活に落ち着くのだけれど、以来不安や憂鬱、いらいらを暴食で解消する、という選択肢ができてしまったように思う。

元々甘いものは大好きだったけれど、体や精神面のことを考えて砂糖はできるだけ摂らないようにしていて、そういう普段の抑圧も原因のひとつな気がする。

普段からは信じられないような量を食べているとき、満腹感はほとんどない。お腹が膨れて重たい、苦しい、という物理的な感覚だけが高まっていく。だからやろうと思えば、吐き戻すまで食べ続けることができるし、目の前に料理が延々と出されたら、自分では止められずそうなってしまうと思う。

 

過食症ってこういうこと?

もともと少食だった僕は、過食症という病が分からなかった。「お腹がいっぱいになったらご飯なんて美味しくないし、そもそも苦しくて食べられないでしょ」なんて他人ごとに思っていた。

しかし、ストレス性暴飲暴食が発動した時の僕は、過食の症状とかなり似ているのではと思う。大好きな甘いものを久しぶりに食べているにも関わらず、大して味も感じず、満足感もない。食べるという行為がしたいために、食物を無理やり体内に収め、何かを解消した気になってしまう。

これが日常的に繰り返されたら、と思うとかなり怖い。体重は瞬く間に増えてしまうだろうし、どんな病気を招くか分かったもんじゃない。

18,19日も1日1食は続けていたから、朝、昼は何も食べていない。だから3食を1度に摂ったと思えば、少しは気が休まるのかな……? 違う気もするけれど。

20日の今は20時。あまりお腹も空かないし、このまま食べずに寝床について、少しでも帳尻を合わせたいな。とも思うのだけれど、これからサウナに行く予定なので、終わったらお腹が空いて結局何か食べるんだろうなぁ。フルーツでも用意しとこうかな。まったくダメな僕だ。

 

エッセイカテゴリの最新記事